読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

パプキム天国

ただのおぼえがき

とある反差別側の人間の「知性に対する誠実さの欠如」

考え方

 先日のエントリで、「知性に対する誠実さの欠如」が、ネトウヨ陰謀論者、ニセ科学・医学信奉者を作り上げている、という内容を書きました。

 早速、Twitter上で「知性に対する誠実さの欠如」の典型的な見本が取れましたので、載せておきます。今回は、ネトウヨでもなく、陰謀論者でもなく、ニセ科学・医学信奉者でもなく、反差別側の人間の「知性に対する誠実さの欠如」です。

 

1, 2015年05月23日に開催されたトークショー「さらば、ヘイト本!」で、木村幹氏が名指しで「きれいなヘイト」と批判される。

[ 参照 ] 「きれいなヘイト」って何? ~ 木村元彦氏らの木村幹氏批判や、それらに対する反論など - Togetterまとめ (一部ツイート削除有)

 

2, それに対して、木村幹氏が反応

3, トークショー主催側が木村幹氏へ返信(「知性に対する誠実さの欠如」の典型的な見本)

 

 木瀬(@korocolor)氏の返信で酷いのは、木村幹氏の著書を評価する前から、「止める」「批判したい」という結論を先に持ってきているという点です。知性より感情を優先する、結論ありきな考え方は、「知性に対する誠実さの欠如」にほかなりません。このような態度は、反差別側の足かせにしかならないので、謹んでほしいと思います。

 

 

 右からも左からも批判されて、木村先生も大変です。他者を無根拠に批判する行為は、差別側でも反差別側でも許されるものではありません。気をつけたいですね。

 

 以上、自戒を込め太郎パプキムがお送りいたしました。