読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

パプキム天国

ただのおぼえがき

ネトウヨが大好きな「余命3年時事日記」は、自覚的にデマを流すデマブログ

ネトウヨ

 この記事は、「余命3年時事日記」というキーワードで検索してきた人向けに書いています。良識のあるはてなーな方やその他SNSから来た人にはそっとじ推奨です。でも、検索エンジンで上位表示されておきたいので、ブクマ等でシェアしてもらえると助かるかもしれません。

  記事の最後のほうで7月9日デマにも触れますので、そちらに興味のある人は飛ばして読んで下さい。

余命3年時事日記とは

URL:http://kt-yh6494.blog.so-net.ne.jp

 ネトウヨにやたらと影響力のあるデマブログです。丁寧にもブログ説明に「妄想時事日記」と書いておりますが、まさしくその通りで、妄想しか書きません。在日韓国・朝鮮人に関した妄想・デマ・偏見を垂れ流すことによって自己承認欲求を満たしている哀れなブログでもあります。このブログ主は、デマに流されているほうではなく、デマを意図的に流しているほうの人間なので、一般的なネトウヨよりタチが悪いです。良い子のみなさんは気をつけましょう。

余命3年時事日記が大嘘を付いている証拠

 今回は、大嘘を付いている証拠を2つ取り上げます。

証拠1: 「スヒョン文書」を安倍首相が毎日読んでいたという大嘘

 以前、当ブログで「スヒョン文書」という創作文を取り上げました。内容は、在日韓国・朝鮮人が日本征服計画を企てているという荒唐無稽なものです。

 詳しくは下の記事をご確認下さい。「余命3年時事日記」を支持している人の中には、いまだにこの文書を信じている人もいますね。100%間違いなくデマ文書であることを無駄すぎるくらい丁寧に解説していますので、信じている人はしっかり読んで、真実に目覚めておいて下さい。

babkim.hateblo.jp

 

 あ、ちゃんと記事も読まずに脊髄反射的にコメントを残す方もいますが、恥を晒すだけなので、コメントするならまずは熟読しましょう。

 

 んで、「余命3年時事日記」の話題に戻りますが、このブログ、「スヒョン文書」のことも取り上げていて、以下のように記しています。

先日、安倍が2007年参院選過半数割れ、退陣後の衆院選では惨敗を喫して臥薪嘗胆、リベンジに燃えて毎日読んでいたという資料を手に入れた。

 

安倍晋三のリベンジ原点(在日朝鮮人と民主党) 再掲:余命3年時事日記:So-netブログ より引用

  曰く、稚拙でボロを出しくまくっているデマ創作文「スヒョン文書」を安倍首相が臥薪嘗胆、リベンジに燃えて毎日読んでいたとのことです。一国の首相がネット掲示板に掲載されていただけの一次ソースもない創作文を臥薪嘗胆して、毎日読んでいたとは驚きですね。私はにわかには信じられません。

 こここから考えられる論理的な帰結として、

  • 「余命3年時事日記」が自覚的な大嘘を付いている
  • 「スヒョン文書」を信じてしまうくらいに、安倍首相が大馬鹿者である

という2つの可能性が残ります。私は、安倍首相のことを全く支持していませんが、さすがにそこまで馬鹿だと思っていないので、前者の可能性が正しいと思っています。まあ、後者の可能性を信じるなら、別にそれでも構いません。

 あら、2つの可能性があるので、厳密には「『余命3年時事日記』が嘘を付いている」証拠にはなっていませんね。なので、「余命3年時事日記」の中の人が「安倍首相がスヒョン文書を毎日読んでいた」という証拠を提示してくれるのなら、いつでも喜んで謹んで謝罪訂正しますので、よろしくお願いしまーす。

 

証拠2: 7月9日デマを垂れ流している

 最近、ネトウヨ界隈のあいだでは、「2015年7月9日から在日韓国人はみな不法滞在者となる。だから、在日韓国人を見かけたら通報すれば韓国に強制送還される」というデマが流れています。解説するのも馬鹿らしいくらいのデマなのですが、一旦ネトウヨ脳になってしまうと、アタマの処理能力がカブトムシ並みになるようで、こんなことまで信じてしまうみたいです。

 この馬鹿らしいデマをわざわざデマだと解説して下さっている方がいますので、「デマじゃない!」と主張したい方は、先にこちらをご覧下さい。

netouyobuster.blog.jp

こちらも参考に。

togetter.com

 んで、このデマの出所なのですが、Googleで期間指定検索を利用しながら調べたところ、おそらく「余命3年時事日記」のようです。出所がどこであろうと、「余命3年時事日記」が7月9日デマを広げている最先鋒にいることは間違いありません。最近では、記事を更新する度に7月9日までのカウントダウンをしています。どこからどう擁護しようと、ホラ吹きであることは変わらないですね。

 

2015年7月9日以降は新たなデマを流す

 このように「余命3年時事日記」は自覚的に大嘘を付いているわけですが、明日7月9日にその嘘がバレます。しかし、デマだと自覚しながらデマを流しているので、そんなことは計画のうちでしょう。前もって新たなシナリオを考えているはずです。

 インチキ予言者と一緒で、なんだかんだ言いながら強弁的に嘘を貫き通すとか、ネトウヨの中で「通報したら強制送還できた」とか嘘を流すやつもいるだろうからそれを利用するとか、工作員に妨害されたなんていう妄想を流すとか、なんとでもシナリオは作れそうですね。

 

 ここまで読んでくださった方は、そんな新たなデマに引っかかることはないと思いますが、念の為に気をつけて下さいね。「余命3年時事日記」で消耗するのはもうやめましょう。 

  

※反論コメントを残す場合は、紹介した記事全てを熟読しておいて下さい。読んでいないと判断した場合は、スルーすることもあります。

 

 

追記

http://b.hatena.ne.jp/entry/togetter.com/li/844508 のブコメからの情報です。

在日コリアン強制退去デマとデマの根拠、ならびに入管への無根許な通報により自らが刑法犯となる可能性について - Togetterまとめ

在日徴兵退去デマは2011年から毎年存在する。http://www.office246.com/kika/column/kika-110525.htm 2011年のデマは今回の数倍ウヨ界隈では盛り上がった。在日退去デマは何度嘘がバレてもまとめとウヨの利害が一致するため必ず復活する

2015/07/08 19:45

 

[ 参考 ] 帰化コラム - 在日韓国人の徴兵制度について


 この手のデマは、昔からあるようで、それを再利用したみたいですね。思えば、「スヒョン文書」も元々は2007年に広まったデマを、最近になって「余命3年時事日記」がまた取り上げたものでした。「余命3年時事日記」はデマを作り上げているのではなく、デマを掘り起こしているブログのようです。

 

2015/08/10 追記

 「余命3年時事日記」がSo-netブログから削除されました(2015/08/10現在)。当然の処置と言えるでしょう。むしろ、利用規約の禁止事項に明確に抵触していたにも関わらず、今まで放置していたことがあり得ないくらいです。